皆は会社でオタクであることを隠しているの?

【この記事は約 5 分で読めます。】

学生時代は、同じ属性の仲間が近くにたくさんいたから「オタク」であることを隠す必要がなかった。しかし社会人になる人、なった人は「オタク」であることを隠し通すべきか?公開するべきか?そこに迷う人が多いのではないだろうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

隠している人が多いかな?

vlcsnap-error837

月刊少女野崎くん 4話より引用(©椿いづみ/スクウェアエニックス・「月刊少女野崎くん」製作委員会)

ぼくの経験上、圧倒的に隠している人が多いような気がする。

どこからどこまでを「オタク」と定義していいのかわからないが、少なくとも「アニメオタク」だと僕が判断した人は、1年間で10人以上暴いてきた。

みんな特別公言はしていないようで、そういうことを知っているのも、そういった隠れアニメオタクの面々のみだった。

おまえはどうなのかって?

モロバレですね(*´ω`)

ぼくは、自分がアニメオタクであることを特別否定してないので隠す必要を感じていなかったのだが、最初は様子見をしていました。

いや、しているつもりでした。

入社時の自己紹介が決め手?

入社してさ、最初新入社員+総務くらいだけ集められて研修ということで自己紹介があったんですね。そこでさ、皆だいたい決まったこと言っていくじゃん?

名前、出身校、趣味、がんばります!みたいな?

そこでぼくはワクワクしていたんですよねw同期にアニメオタクいねえかなぁ。友達になれそうなやついねえかなぁ(*’ω’*)って。

でもさ、みんな普通のことしか言わないんだよね。バスケやってました!みたいな。

いや別にいいんだけどさ。でもアニメ好きの友達が同期でいなかったら、僕としてはこれからの会社生活が不安しか残らないんだよね。

で!思ったんですよ。

みんな恥ずかしいだけなんじゃないだろうか?実はアニメ大好きなやついるけど、世間の目もあるみたいな。つまり先導者が必要なんじゃないか?見た目オタクのやつ何人かいるし。

ぼくは先導者になってみた

「プラナリアです!○○出身です!趣味はアニメを観ることと、PC関係とかです!競技自転車も好きです!」

アニメ趣味だけじゃあれだから、学生時代に自転車部だったことも混ぜて柔らかくしてみた。

弱虫ペダルが好きそうだよね。

あれ?誰ものってこねえ。

ぼくの自己紹介が中盤だったのもあってか、そもそも同期にアニメ好きがいなかったのか、チキン野郎ばっかりなのかはわからなかったが、なんか失敗に終わりました。

「なんだよ、同期にまともな奴いねえじゃん」とか思いました。

まともじゃないのは僕ですね(´・ω・`)

スタート失敗?

完全に終わった気がしましたね。こりゃ外部で友達作るしかないかなぁって。

でもさ、よくよく考えたら、そんな会社の自己紹介でいう必要ないよね?

なんだかんだアニメ好きいました。

ぼくが自己紹介でアニメ好きを公言したことで、本性を隠していたバケモノ共がすこしづつ集まってきました。

「自己紹介でアニメ好きっていってたよね?」みたいな?

ほかにも、物静かなボッチっぽい奴に声かけたら案の定そうだったり、明らかにアニメオタクだろ!ってやつに声かけても違ったり、ニコ生主がいたり。

ぼくの作戦は成功したようだ

同期の心は広かった

やっぱりさぁ、今の20代前半なんてさ、アニメ好きな奴がなんだかんだ多くてさ。

アニメバブル時代に生きてるもんね。

別にアニメ好きを否定してくるような奴同期にいなかったんだよね。

アニメをそんなに観ていなくても、ちょこちょこは観ていたりするやつが多くてさ、そういうところで話があって同期で話せるやつはたくさんできた!

あれ?この世代あたりじゃね?

会社には上司というヴィランがいる

vlcsnap-error033

月刊少女野崎くん 4話より引用(©椿いづみ/スクウェアエニックス・「月刊少女野崎くん」製作委員会)

同期はいいんですよ。

比較的若い先輩もいいんですよ。

問題は40近いお偉い上司の方々なんだよなぁ。

「お前、子供じゃないんだからアニメとか観るのやめろよ」

「家帰ってもやることないでしょ?イベント計画しろよ」

「グッズなんて買ってもいずれ捨てるんだし無駄だろ」

はぁ。。。

受け入れる必要はない!否定するのはやめろ!!

まじで思う。別にさぁ。プライベートなんだからさぁ。勝手にさせてほしいよねぇ。なんで自分が興味ないものを頭ごなしに否定する人間はどこにいってもいるのでしょうね。

こういう人に限って無趣味だからまためんどくさい。

休日に干渉してきたりするから。

はい!アニメ好き公言のメリット!

共通の友達ができる!

これはまじで楽しい

休日イベントを断る理由ができる!

会社内のイベントごとってけっこうあったりする。

でもアニメ好きだという認識があるから「しょうがないか」と諦めてくれたりする。

デメリット(´・ω・`)

僕らの大好きなアニメが否定される

かなしいよね

なんかダメなやつ扱いされる(一部から)

これはぼくだけなのか。キャラの問題なのか

まとめ

vlcsnap-error604

銀の匙 2期 5話より引用(©荒川弘・小学館/エゾノー祭実行委員会)

アニメに関わらず、何かがとことん好きな「オタク」という生き物は、趣味人ということで崇拝される一方、反抗勢力も強力だったりする。

今の日本はかなり受け入れられてきているし、これからさらにその傾向は強くなるだろう。われらオタクにはうれしい限りだ。

しかし!

「オタク情報」を公言するのは、相手がどんな人間が見極めた上で実行した方が良いのかもしれない。

おしまい!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

★良い!と思ったらシェアお願いします!

★ぼくのフォロワーになってください!

トップへ戻る