【心構え】どんな気持ちで仕事してる?

【この記事は約 3 分で読めます。】

N853_udemakuriwosuruyukatadanshi_TP_V

本日仕事のなかで、

ぼくの仕事への姿勢が修正されたので

書きます。

スポンサーリンク
レクタングル大

どうして働いているの?

「お金を稼ぐため」

たしかにそうですけど、そういう意味じゃない。

結局皆何をもって「働いている」と宣言しているのか。

会社にいって仕事して、給料もらって、これを働いていると言っているんだろう。

確かにそうだが。

「目的を持った上で、何かを成功させようと働いている」

これを働くというんじゃないのか?

ぼくは本日そう思いました。

たまには見つめなおす

最近のぼくは、

「やらなきゃいけないことがあるから」

「納期があるから」

こんな理由だけで仕事をしていました。

そんな中で、その仕事をする本質が抜けていたような気がします。

あれをやらなきゃいけない。

この項目分資料つくればOK。

よし完成。

すごく満足した気分で先輩に資料を使って報告しました。

さまざまな指摘を受けました。

理由はすぐにわかりました。

ぼくが社会人2年目だからとか、

まだ技量が足りてないとか、

そんなことが理由でなく、

「何を伝えたいか」

「何で伝えたいか」

間違いなく!これが理由でした!!

すべては僕が惰性で仕事していたことが原因。

改めて今日思いました。

そして、先輩に指摘されたと同時にふと最近では見えていなかったものが見えました。

それは入社一年目にはよく見えていたもので。

見えなかった理由は、

「一人で仕事することが多くなったから」

先輩方の意見を聞く機会が減っていたんです。

もちろんゼロだったわけじゃありません。

けど、

「自分に対して真剣に考えて意見を言ってくれる人」

こういう人に意見を聞かないと意味がないのだな、

そう、今日、切実に思いました。

上っ面だけで意見言われても、修正方向を間違うだけですからね。

「信頼できる人間」

こういう人が職場に存在することが、

自分の仕事への姿勢が乱れてきたときに修正できる重要な要素だと、

まだまだペーペーながら考えたりした。

何を目指すのか

「社長になりたいの?」

べつに重要な役職を目指すことが重要なんじゃない。

ずっとその会社にいる人ばっかじゃないだろうし。

その仕事しかこの世にないわけじゃない。

転職したってかまわない。

自分にあった仕事をすればいい。

自分のしたい仕事をすればいい。

仕事をしなくたって別にいい。

重要なのは

「自分の人生に何を残したいのか」

ぼくはこれに尽きると思っている。

趣味に生きていたい人が、

趣味に使う時間などないほど働く。

でもお金をたくさん稼げている。

これ、自分の人生に自分がしたいことを残せてないですよね?

自分で納得できる

これが本質だと思う。

他人にどう思われるかなんて気にして生きるより楽しいだろう。

世間体がどうとか、そんなことを言う人間にはなりたくない。

まとめ

本日はいろいろと考えさせられることあってですね、

ぼくは考え始めると深く考えすぎてしまうことがあって。

ふと書き残しておきたい、

そう思ったので書きました。

自分の中で考えがまとまらなくなった時などに

もう1度確認できるように。

ただのセーブポイントです。

以上!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

★良い!と思ったらシェアお願いします!

★ぼくのフォロワーになってください!

トップへ戻る