【珈琲】幻のタヌキコーヒー知っていますか?

【この記事は約 4 分で読めます。】

IMG_4164

世界中でおいしいと言われていて、かつ世界一高いコーヒーは「動物のフン」から採取されているって知っていましたか?

珈琲はぼくの生命エネルギーであり、毎日必ず摂取しているもの。365日だ。

どうせ飲むならおいしい方が良い。

スポンサーリンク
レクタングル中

ベトナムコーヒー

紹介するのは「ベトナム」で有名なコーヒー。

どうやらこのコーヒー、「タヌキのフン」から採取した豆から作られたコーヒーのようだ。はっきり言って、初めて聞いたときはどうかしてると思った。でも、それがおいしいなら正義なのだ。

タヌキのフンから豆を採取した起源

コーヒーの豆は完熟するまで放置しておいた方がおいしくなる。さぁ収穫だ!しかし豆はどこにもなかった。タヌキに食べられていたのだ。そんな中農家にお偉いお客さんが!農家の人は気でも狂ったのか、消化されずに出てきた「コーヒーの豆」を綺麗に洗って、コーヒーを作り始める。お客さんに提出。お客さん「ううぉい!!なんだっ!このコーヒーは!!うまっすぎるだろ!!(=^・・^=)」農家の人「………( ゚Д゚)」

こうして「タヌキのフン」コーヒーはできた。

え?世界三大最高級コーヒーなの!?

上記したようなエピソードもあってか、いつの間にやら「死ぬまでに一度は飲んでみたいコーヒー」にノミネートされているようだ。そんでもって「世界三大最高級コーヒー」と絶賛されている。

ちなみにあと2つは、「アメリカの猿コーヒー」「インドネシアのイタチコーヒー」

タヌキコーヒーは入手が難しい?

そんなはずないでしょ。僕持ってるし。

どうやら一般に入手が難しいとされているらしい。昔の話かな?生産量が少なく、現地の人間、もしくは、特別なコネがない限り入手が難しいということらしい。まぁ、ぼくもコネで入手したからね。でも普通に売ってるけどな、ネットで。高いけどね。

さぁ、コーヒーを紹介だ☕

ぼくがコネで入手して実際にもっているコーヒーを紹介。

Sang tao8

IMG_4165

おそらく幻のタヌキコーヒーの中ではかなり安い方だろう。でも高い。

中身を紹介しよう!

IMG_4166

金色のパッケージが顔を出しましたね(*´ω`)

IMG_4167

250gが2本入っていた。

たしか1本あたり3000円くらい。

びっくりするほど高いというほどでもない。

ぼくが飲んだことあるコーヒーでは形容し難い味。

ただ「美味い」ことは間違いないし、

「飲みやすい」

「苦味」より「渋み」が強い

香り

甘い

チョコレートみたい

ほかにもあるぞ

もうひとつ紹介しよう

Legendee

IMG_4168

おいおい、なんで木箱に入っているんですか。

もうね「かっこいい」よね(*’ω’*)

でもまじで高い。

225g15000円くらいする。

大げさなことはいわない。別にインスタントコーヒーが飲めなくなるわけじゃないし、そもそも味が全然違うもの。

でもね、

一回飲んでしまったらさ、定期的に飲みたくなるんだよ。

味自体は「sang tao8」に近いが、

なんだろうね

全体的に深い

舌の上で味わうのが楽しい

香り

ほんとうに甘い!!

ぼくの先輩は香りをかいだだけで買おうと検索してた。

え?どうやって手に入れたかって?

ぼくの叔父は正直なんの仕事をしているのかよくわからない。

↑なんか、ラノベのタイトルみたいw

で!ぼくの叔父はフリーランスで、なんの仕事しているかよくわからないんだけど、とにかく稼いでいるし、よく海外で行くんだ。そんな叔父がよく行く国の一つに「ベトナム」があるんだ。そこで仕事相手と会って来たら、必ずと言っていいほど上で紹介した最高級コーヒーを持って帰ってくるんだ。叔父はコーヒーにこだわりがないし、忙しいからインスタントで十分らしい。そんなこんなで、仕事相手から貰える最高級コーヒーは、よく遊びに行く僕にすべて流れてくる。叔父が「ベトナム」へ行く限り、ぼくは「無料で」最高級コーヒーを味わえる。

ふぅ。ありがたや(*´ω`)

まとめ

知らなければ知らないでいいものだし、自分にとっておいしいコーヒーは他にもあるだろう。

でも、すこしでも興味を持った方は飲んでみてほしい。おそらく満足していただけるだろう。

「死ぬまでに一度は飲んでみたいコーヒー」

だからね(*’ω’*)

スポンサーリンク
レクタングル中
トップへ戻る