【怒られるかと思った】会社の先輩に騙された話

本日会社にて実際にあった「騙された話」をします!

いい意味で騙されました!!

Sponsored Link

定時後のことである

ぼくは部署のイベント関係のまとめをしていた。

仕事とは関係ない休日のイベントである。

 

そんなとき僕の職場先輩がやってきた。

 

先輩「その仕事終わったら俺のとこ来てもらえる?」

 

先輩は怒っているのか、ただ単に疲れているのか、すこし怖い顔をしていた。

 

 

ぼく「(あ~またなんかやっちゃったかなぁ。)はい!!すぐに行きます!!」

 

さっさとまとめを切り上げて先輩のもとへ向かった。

怒られることを覚悟していた。

この1年間たくさん怒られたから、はっきりいってビビっていた。

 

先輩は無言で立ちあがり、首をクイッとした。

どうやらついてこいっと言っているようだ。

 

 

事務所じゃ怒れないくらいやばいことをしたのかと思った。

 

 

先輩についていき、たどり着いた場所、それは、

 

 

売店だ!!

 

 

 

ん?なぜ?

 

 

先輩はお菓子を奢ってくれた(*´ω`)

 

 

先輩「一番高い奴でもいいよ!!」

 

 

ぼくはブラックサンダーと、チロルチョコの牛のやつを奢ってもらった。

なんか遠慮しちゃいました。

 

 

で?どういうことなの?

昼休みの話である。

同期の女の子と、後輩の男の子とくだらない話をしていた時に、出張のお土産を先輩が持ってきてくれたのだ。しかし、お土産の数が1こ足りなくなったらしく、どうしても渡さないといけない人の分が足りないかったみたい。

そこで先輩はぼくに謝り、ぼくにくれたお土産を回収したのだ。

 

しょうがないし、別に気にしていなかった。

 

 

しかし先輩は気にしていたらしく、「お土産を渡せなかった代わりに、わざわざ定時後にお菓子を奢ってくれた」ということなのだ!!

 

 

いい先輩をもって幸せである

 

まとめ

仕事のなかでは怒られることも多々あるし、かなりビビっている先輩だったが、こういう一面をみれたことで、また少し距離が縮まった気がした!

 

ぼくも自分の後輩には、これくらいの配慮ができるようになりたい。

 

 

仕事って

人間関係8割だからなぁ

 

 

おしまい!

ただの体験談です!!

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!